レシピ ( 簡単調理 )

Home トッピクス レシピ ( 簡単調理 )

パッタイ(タイ焼きそば)

材料(1人前)
1.タイビーフン                                 70g または焼きそば用中華麺1袋
2.パッタイソース                1袋(5g)
  または「エビの甘辛ソース」小さじ1杯
3.生えび(殻をむき、背に切れ目を入れる) 3尾
4.鶏肉または豚バラ肉(一口サイズに切る) 25g
5.生卵(溶いておく)  1個
6.好きな野菜やモヤシとニラ   適量
7.厚揚げまたは油揚げ(さいの目切り)   1/4枚
8.炒め油、塩、唐辛子粉     適量

作り方
①タイビーフンを熱湯で4~5分茹で、ザルに移し水で軽くあらう。
 焼きそば用中華麺や茹でうどん等は炒めるように準備をしておく。
②大きめのフライパンに大さじ2杯の油を熱し、えび、肉、厚揚げ、好みの野菜を炒める。
③②に①や中華麺を合わせて、炒めながら、パッタイソース1袋と大さじ2杯の水を加えて炒める。
④塩で好みの味に調える。(ここで唐辛子粉を加えてもOKです。)
⑤モヤシ、ニラを加えて炒めながら、溶き卵をフライパンの端に加えて炒め、全体を混ぜ合わせる。
⑥火を止める。お好みで唐辛子粉を振りかけて辛味を調整します。

パッタイソースにはエビ、ナンプラー(魚醤)等が使用されておりますので、そのままでも美味しく調理できます。なお、減塩仕様になっておりますので塩、醤油、ソース等を使用して調理すればより美味しくなります。

ガパオライス(オイスターソース・ナンプラー無しで作る)

材料(1人前)
1.ごはん                     200g
2.鶏挽肉(豚挽肉でもよい)            80g
3.玉ねぎ みじん切り              1/4
4.ピーマン 粗みじん切り            1/2
5.赤パプリカ 粗みじん切り           1/4
6.合わせ調味料
・醤油                               小さじ1杯  
・鶏がらスープの素                         小さじ1/3杯 
・パッタイソース                          1袋(5g
                                                          または「エビの甘辛ソース」小さじ1杯 
・塩・胡椒                              適量
7.サラダ油                  小さじ1杯  
8.トッピング  
・キュウリ、ミニトマト、サニーレタス等
・生卵 (目玉焼き用)              1個 

作り方
①中火に熱したフライパンにサラダ油をひき、3.を入れ、しんなりするまで炒めます。
②鶏ひき肉を入れ、色が変わるまで中火で炒めたら、4.5.を入れ、全体に油がなじむまで炒めます。
③肉に火が通り、色が変わったら6.合わせ調味料を加えて汁気がなくなるまで炒める。
ここで味見をして、お好みにより、塩、胡椒で味を調えます。
④目玉焼きをつくります。中火で熱した別のフライパンにサラダ油をひき、卵を割り入れ、中火で3分程焼き、白身が固まったら火から下ろします。

盛り付け
ごはんを盛った器に③をかけ、④の目玉焼きと野菜をトッピングを盛り付けて完成です。

オイスターソースがあれば合わせ調味料に5g加えるだけでさらに美味しくいただけます

生春巻きをお店みたいに作る( レシピと巻き方)

生春巻きの良いところは材料を切って包むだけの簡単料理です。そんな生春巻きをお店みたいに鮮やかで綺麗に巻くコツをご紹介いたします。好きな具材を包んで、おしゃれなオリジナル生春巻きを作ります。
生春巻きにおすすめの具材
むきエビ、レタス、春雨、パクチー、ニラ、チキン、アボカド等
タレの基本
水に砂糖、ナンプラー、酢、にんにくみじん切り、唐辛子を加えて作ります。包む材料によってタレは自由にアレンジして下さい。
「エビの甘辛ソース」に唐辛子や酢を加え水で伸ばすだけで万能タレが出来上がります。お好みによりニンニクやチリソースを加えます。


生春巻きを作るときのポイント
1)生春巻きを作るときのコツライスペーパーはそのまま使用すると固くて巻けません。水にくぐらせて柔らかく戻してから使います。あまり長く水につけると破けやすくなるのでサッとくぐらせる程度で大丈夫です。大き目のフライパンを使用するのが、手際よく作業できます。

2)生春巻きは春巻きのように具材を一度に包みません。柔らかい野菜類を先にライスペーパーの半分まで包み、そのあとに形のきれいなエビやアボカド、チーズなどを上に重ねるようにして包みます。そうすることによってエビが表に出て綺麗な見映えになります。

3)巻き終わった生春巻きはくっつきやすいので離して並べます。一度くっつくと、取る際にライスペーパーが破れてしまいます。



バインミー(ベトナム風サンドイッチ)

紅白なますの材料(3~4人前)
1.大根                 1/4本
2.人参                 1/3本
3.塩                  小さじ1杯
4.砂糖                 大さじ2杯 
5.酢                  大さじ3杯
6.白いり胡麻                    適量
作り方
①大根と人参の皮をむき、スライサーなどをつかって細くスライスする。その後細切りにする。
②混ぜ合わせ、大根と人参に塩をふりかける。しばらくすると野菜から水が出ます。
③酢と砂糖を混ぜ合わせ、大根と人参の水気を絞り、器に入れてあえる。
④白煎りゴマはお好きなだけかけてください。香ばしくて美味しくなります。

 お正月のおせち料理にも使えます。絶品です。

材料(1人前) バインミーの具材
フランスパン               1本
1.紅白なます              適量
2.ハムかチャーシュー          適量
3.レバーペースト(市販品)       適量
4.バターまたはマーガリン        適量
5.きゅうり               適量
6.パクチー               適量
7.パッタイソース 1袋(5g)または「エビの甘辛ソース」小さじ1杯

作り方
①やわらかいフランスパンに切り込みを入れてバターを塗り、野菜、ハーブ類、肉など好きな具材を選んで挟む、ベトナムで人気のサンドイッチのことです。
②仕上げに「ヌクマム」という魚醤を振りかけて食べるのが、本場の食べ方ですが「
パッタイソース」または「エビの甘辛ソース」をかけて食べます。パッタイソースはエビの魚醤油が加えてありますので癖のないまろやかな味です。


パリッと軽い食感のフランスパンがバインミーの醍醐味です。外はカリッと、中はふわふわに仕上げるために、必ず食べる前に温めます。両面を焼き、皮がパリッとしたら、具材を挟んですぐにかぶりつくのが、本場ベトナム流のおいしい食べ方です。


ヌクナムをそのまま振りかけるのは一般的に抵抗があります。美味しくいただくのは「
えび魚醤」を軽くかけるとさらに美味しくいただけます。

旨辛ナシゴレン(インドネシアのチャーハン)

材料(1人前)
1.ごはん                  200g
2.牛豚合挽き肉               50g
3.赤パプリカ (5mmに角切り)      1/4個
4.黄パプリカ (5mmに角切り)        1/4個
5.カシューナッツ              10粒
6.ごま油                  小さじ2杯
7.オイスターソース             小さじ1/4
8.輪切り唐辛子              少々
9.パッタイソース 1袋(5g)または「エビの甘辛ソース」小さじ1杯
10. 塩・胡椒、野菜(ベリーリーフ等)    適量

作り方
①フライパンでごま油小さじ1杯を熱し卵を割り入れます。底面が固まったら火から下ろします。
②フライパンにごま油小さじ1杯をひいて合い挽き肉と赤・黄パプリカ、カシューナッツを中火で火が通るまで炒める。
③辛味を好む方はここで唐辛子輪切りを加えて炒める。
④牛豚合挽き肉の色が変わったらごはんを加え、中火で炒めながらよく混ぜます。
⑤オイスターソース、パッタイソースを加え、中火で炒めながらよく混ぜます。
⑤塩胡椒で味を調え、盛り付けて①の目玉焼き、ベリーリーフ等を添えます。

エビ味噌ラーメン(海老の旨味と甘みが凝縮された濃厚スープ)

材料(1人前)
1.生ラーメン              1玉
2.赤味噌                大さじ1杯
3.玉ねぎ(くし切りにしておく)     1/2個
4.好きな野菜やモヤシとニラ       適量
5.豚挽肉                25g
6.ほんだし               小さじ1/4杯
7.鶏がらスープの素           小さじ1/2杯
8.パッタイソース 1袋(5g)または「エビの甘辛ソース」小さじ1杯
9.  炒め油、塩、唐辛子粉         適量

作り方
①フライパンにサラダ油をひいてひき肉に火が通るまで炒める。
②切っておいた玉ねぎを入れて半透明になるぐらいまで炒める。好みの野菜はこの時に入れて炒める。
③味噌を入れて味噌が焼ける匂いがしてくるまで焼く。
④味噌が全体的に絡まったら水、もやしを入れて煮る。
⑤ほんだし、鶏がらスープの素、パッタイソースを加え、辛味、塩味を調整する。
⑥どんぶりにスープ、麺、具の順番に入れ、ねぎ、チャーシュー、メンマ等をお好みでトッピングしてできあがり。


市販の味噌ラーメンに、「パッタイソース」1袋(5g)または「エビの甘辛ソース」小さじ1杯を加えるだけで簡単に風味豊かな「えび味噌ラーメン」が出来上がります。


炒米粉 (炒めビーフン) 台湾

台湾では新竹産と埔里産が有名。「米粉」と漢字で書くように、ビーフンは、精米して水に漬けたうるち米を挽いて、ろ過してとったデンプンに今度は加水加熱しながら練ってつくった生地のライスヌードル。相当手間暇かかっています。品質の維持が非常に難しく、市場に出回るビーフンのほとんどはコーンスターチが混ぜられていて、100%米粉で作られたものは実は少数で値段も少し高めです。しかし、美味しさは格別なので、ぜひ100%米粉製のものを探してみてください。
新竹産は麺にコシがあり切れにくいので、麺をしっかり食べているという感じ。かたや埔里産は細くてしなやか、麺が細いせいか、麺自体にも味がしみわたっているよう。屋台のビーフンは、さらに細くてブチブチ切れ、フワッとした食感があります。


材料は豚肉の細切り、干ししいたけ、干しエビ、タマネギ、ニンジン、ネギ、もやし、そして「エビの甘辛ソース」、塩、胡椒、油です。家庭でも台湾料理店で食べるのと変わらないと感じる料理に仕上がります。

材料(1人前)
1.ビーフン                    30g
2.豚肉バラ肉  細切り            25g
3.ピーマン 千切り                 1/2個
4.長ネギ  千切り                 1/2本
5.もやし                       50g
6.干しエビ  お湯戻し         小さじ1/2杯   
7.塩・胡椒                                         適量   
8.サラダ油                     小さじ1杯 
9.エビの甘辛ソース           小さじ1杯 

作り方
①中火に熱したフライパンにサラダ油をひき、温まったらネギを弱火で炒める。
②しんなりしたら、豚肉、エビ、ピーマン、もやしの順に加え中火で炒める。
③肉に火が通り、色が変わったら、「エビの甘辛ソース」ビーフン、を入れ、塩、胡椒で味を調えながら、汁気がなくなるまで炒める。
(塩の代わりに好みにより醤油を少しかけても良い。)
④皿に盛り、好みで胡椒を振る。


〇干しエビはお湯50mlにつけて戻す。
〇ビーフンは鍋にたっぷりのお湯を煮立て、ビーフンをいれて弱火で4~5分ゆでる。
 ザルにあけて水気を切り、長さを5cm位に切る。

盛岡冷麺を温麺でおいしくいただく

海外旅行も外食もしにくいこの時期、どこでも簡単に入手できる材料や調味料を使用して異国気分を味わってはいかがでしょうか。
冷麺は主に夏に味わう麺料理ですが、寒い冬に温かくモチモチの温麺はいかがでしょうか。エビの甘辛ソースを少し加えるだけで東南アジア風の味わいが楽しめます。
利用法(生麺をそのまま使用した場合)沸騰したお湯から60秒で茹で上がります。

1.そのまま鍋に入れて〆としていただきます。
2.うどん/そばつゆ等、だし汁で茹でていただきます。具はお好みで入れてください。
①市販の3倍濃縮つゆを規定通り水でうすめて火にかけます。
②豚ばら肉、油揚げ、ネギを加えて肉汁うどんのつゆを作ります。
③沸騰したら生冷麺を入れて60秒加熱します。
④どんぶりに入れて、お好きな具をトッピングして出来上がり。
⑤半分食べたら「エビの甘辛ソース」を加えて和とエスニックが楽しめます。

肉汁うどんのつゆ(一人前)
1.豚バラ肉                50g
2.長ネギ                 1 /2本
3.油揚げ                1/2枚
4.麺つゆ              50cc
5.水                   200cc

豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、長ネギは斜め切り、油揚げは縦半分して1センチ幅に切る。

盛岡冷麺(生麺)160g
お問い合わせ